セミナーにおける2つの収益ポイント

公開日: 2017年10月03日



以前に「セミナーの成幸」は「集客・収益・継続」という3つの側面があるとお伝えをしました。


そこで、今回は「収益」について考えてみたいと思います。


セミナーにおける収益ポイントは2つあると私は考えています。


1、コンテンツ(ノウハウや知識)を教える

これはイメージしやすいと思いますが、自分の持っているノウハウや知識とセミナーを

通じて教えることで参加費をいただくという形で収益を上げるということです。

参加費 = 収益ということですね。


このコンテンツの良し悪しはもちろん重要とはなってきますが、大切なことは自分の

体験談を語るということです。どこかのセミナーで学んできたことを自分で実践した

こともないのに教えるというのは、どんなに優れたノウハウや知識であっても価値は

低いと私は考えています。


同じようなコンテンツであっても、講師や主催者の個性によってオリジナルのコンテンツに

なります。ましてや体験談こそが完全オリジナルのコンテンツになり得るからです。

是非、体験談とあなたの個性を掛け合わせたオリジナルコンテンツを創って価値を

高めてくださいね!


2、自社の商品やサービスを販売する

セミナー参加費そのものには収益はないのですが、セミナーを開催することによって

自社の商品やサービスを販売するということです。

参加費はすごく安かったり、無料だったりするのですが結果として商品やサービスが

販売できれば収益に繋がるということです。


この手法を「セミナーマーケティング」と私は呼んでいるのですが、優れた商品や

サービスを持っているが目に見えないものだったり、複雑だったり、高単価なもの

である場合にはとても有効です。


実はこの手法は幅広い業界で活用されていて、


・住宅業界

→ 失敗しない家の建て方セミナー

・保険業界

→ 女性のためのマネーセミナー

・Evernote

→ Evernote Businessによる働き方改革セミナー


などなどです。


セミナーをビジネスとして構築していくためには「収益」が必要ですので、

いずれかの収益ポイントをきちんと創っていくことが大切です。


では具体的にどのように構築していけば良いのか?


私がオススメしているのは、人気のあるセミナーに参加してみる、という

ことです。特に今後、自分がセミナーを主催していく、という視点で参加する

ことで多くの学びが得られると思います。


是非、実践してみてくださいね!







以前に「セミナーの成幸」は「集客・収益・継続」という3つの側面があるとお伝えをしました。


そこで、今回は「収益」について考えてみたいと思います。


セミナーにおける収益ポイントは2つあると私は考えています。


1、コンテンツ(ノウハウや知識)を教える

これはイメージしやすいと思いますが、自分の持っているノウハウや知識とセミナーを

通じて教えることで参加費をいただくという形で収益を上げるということです。

参加費 = 収益ということですね。


このコンテンツの良し悪しはもちろん重要とはなってきますが、大切なことは自分の

体験談を語るということです。どこかのセミナーで学んできたことを自分で実践した

こともないのに教えるというのは、どんなに優れたノウハウや知識であっても価値は

低いと私は考えています。


同じようなコンテンツであっても、講師や主催者の個性によってオリジナルのコンテンツに

なります。ましてや体験談こそが完全オリジナルのコンテンツになり得るからです。

是非、体験談とあなたの個性を掛け合わせたオリジナルコンテンツを創って価値を

高めてくださいね!


2、自社の商品やサービスを販売する

セミナー参加費そのものには収益はないのですが、セミナーを開催することによって

自社の商品やサービスを販売するということです。

参加費はすごく安かったり、無料だったりするのですが結果として商品やサービスが

販売できれば収益に繋がるということです。


この手法を「セミナーマーケティング」と私は呼んでいるのですが、優れた商品や

サービスを持っているが目に見えないものだったり、複雑だったり、高単価なもの

である場合にはとても有効です。


実はこの手法は幅広い業界で活用されていて、


・住宅業界

→ 失敗しない家の建て方セミナー

・保険業界

→ 女性のためのマネーセミナー

・Evernote

→ Evernote Businessによる働き方改革セミナー


などなどです。


セミナーをビジネスとして構築していくためには「収益」が必要ですので、

いずれかの収益ポイントをきちんと創っていくことが大切です。


では具体的にどのように構築していけば良いのか?


私がオススメしているのは、人気のあるセミナーに参加してみる、という

ことです。特に今後、自分がセミナーを主催していく、という視点で参加する

ことで多くの学びが得られると思います。


是非、実践してみてくださいね!





寄稿者プロフィール

東橋 達矢

「セミナープロデュース専門会社」 株式会社 LEGEND PROJECT 代表取締役CEO 最も集客が難しいと言われる名古屋において、「ひとり社長」を対象に僅か 4年程で約680件のセミナー・イベントを主催し、約5000人の集客を 達成したセミナービジネスプロデューサーとして活動中。 上場企業メーカーで営業力を武器に最年少で所長になった父親の 「仕事は楽しくない」という一言がきっかけで10歳から会社員と いう生き方に疑問を持ち、大学生の時には「起業」することを決意。 起業マインドを肌で感じるために就職したベンチャー系の不動産会社 では、入社2年目にして全国3000人中7位の営業成績を残し、 最年少部長となる。その後、営業の中でも「最も売るのが難しい」 と言われる生命保険の業界にヘッドハンティングされ、完全歩合制 の世界で更に営業力を磨く。 生命保険の業界で磨いた営業力と人脈構築力を武器に2012年5月 には株式会社 LEGEND PROJECTを設立し、代表取締役CEOに就任。 約2年間はビジネスモデルが固まらず、廃業寸前まで追い込まれるも、 あるセミナーに出会ったことで劇的に状況が好転する。2015年には 年間100件以上のセミナーを主催し、1000名以上の集客をできる までになり、「セミナープロデュース専門会社」としての地位を確立する。 5年前からスタートしたメルマガをきっかけに中部経済新聞でのコラム執筆、 約20年間発行されている業界紙に取材されるなどメディアからも注目を浴びている。 現在、「全ての悩みをセミナーで解決する」という壮大なビジョンを掲げ、日々奮闘中。 旅行好きの妻と、サッカーに目覚めた5歳の息子と世界遺産を全て訪れること がプライベートでの夢。 【主な実績】 ・セミナー主催 682件、セミナー集客数 5094人、  プロデュースした講師70人以上  (2018年5月27日時点) ・最大で70万円という高単価商品を、50本以上販売 ・日本ナンバー1のセミナー会社とコラボすることに成功 ・レンタルオフィスブランドで世界最大手の会社とコラボして、セミナー展開 ・世界で最も売れているビジネス書「7つの習慣」を日本に広めた  「ジェームススキナー」の名古屋1000人講演会において、  主に集客・チームビルディングのアドバイザーを担当